日本ファンクショナルダイエット協会

JFDA Ketogenic News

JFDAケトジェニックニュース

2018/8/10

2018年5月認定*ケトジェニックダイエットアドバイザー紹介

ケトジェニックダイエットアドバイザーNo.306 須貝 壮衆さん(薬剤師/予防医学士/GCS認定コーチ)

初めまして。斎藤糧三先生の牧草牛専門精肉店「SaitoFarm」のご近所、麻布十番調剤薬局にて薬剤師をしております須貝です。

麻布十番に突如現れた謎のお洒落なお肉屋さん、SaitoFarm。「このお店、何を売ってるんだろう? グラスフェッド? ケトジェニック? 機能性医学???」頭の中は疑問だらけでした。興味持ったことを知らないままにはいられない性分なので、開催されていたイベントに参加してみました。
これが、私とケトジェニックとの出会いでした。そして、斎藤先生のオープンな雰囲気に取り込まれ、現在に至ります。

ケトジェニックダイエットは最強の食事法なのか? 
それは私にはわかりません。これから人類が長い年月をかけて明らかにするでしょう。
ただ、ケトン体の有効性、POMFABの考え方、機能性医学の考え方は、もうすでにとても有益だと感じています。

テレビなどメディアの影響で糖質制限をされる方は多いと思いますが、ご飯やパンを食べなければいい、と安易に実践されている方が大勢いらっしゃいます。タンパク質や脂質、ミネラル、食物繊維など、体に必要な栄養素をしっかり取り入れたケトジェニックダイエットを、ぜひもっと多くの方に知っていただきたいと思っています。

私は薬剤師です。すでに苦しんでいる病に対して薬物治療を支援する立場にあります。しかし、薬だけではどうにもできないことを多々経験してきました。逆に、助けるはずの薬で苦しむ方も見てきました。

人生100年時代と言われる今日。いつまでも健康でいられることが必要不可欠であるのは言うまでもありません。そんな中で私は、医療者として、健康を維持するための活動、予防医学を推進しています。

予防医学で大切なのは、日々の生活習慣です。食事、運動、睡眠、環境。どれも大切であることは言うまでもありませんが、特に食事においては、1日2〜3回のチャンスがあり、最も効果がわかりやすいところでもあります。
この食事において、ケトジェニックの考えかたを取り入れることで、多くの健康問題は回避でき、さらには、これまでにない元気な体を手に入れられるでしょう。

薬に頼るだけでなく、食事や栄養で自らの健康を手に入れたい、とお考えの方、今の体型や体質を改善したい方、予防医学に興味のある方、どうぞご連絡ください。



日本ファンクショナルダイエット協会
日本ファンクショナルダイエット協会