日本ファンクショナルダイエット協会

JFDA Ketogenic News

JFDAケトジェニックニュース

2018/2/21

2018年1月認定*ケトジェニックダイエットアドバイザー紹介

ケトジェニックダイエットアドバイザーNo.287 羽田 和広さん(会社員)

私は、低温調理器の製造販売をしております。その中で、この調理器具を必要とする人を考えた時、真っ先にケトジェニックダイエットが浮かびました。
正しくユーザーさんに伝えるために、まずは自分で実践することが第一だと思い、さっそくケト検を受講。ダイエット関連の情報は玉石混交状態なので、最前線のドクターが臨床データを元に正しい知識を提供している日本ファンクショナルダイエット協会を選びました。
ケトジェニックダイエットは一種のマネージメントスキルです。体にとってバランスの取れた食事をするための知識です。

●食べるべき食材
●食べたほうがいい食材
●食べないほうがいい食材
●食べてはいけない食材

これら4つの要素を理解して、食事をマネージメントする方法です。
今まで38年間、何の疑いも持たず、ひたすら炭水化物を中心とした食生活で過ごして来ました。ケト検を受講したことにより、無思考で欲望のままにお腹を満たしていた食事という行為が、きちんと思考して「必要な栄養で体を満たす」という行為に変わりました。この考え方に切り替わった時、食事の概念が変わったのです。
結果として、約3日ほどで自分の体にあらゆるポジティブな変化が起こり、「食」の重要性と速攻性を感じることができました。家族や友人数人と情報をシェアし合いながら、一緒に実践しましたが、全員が同じような変化を体感したことで、ケトジェニックの素晴らしさは揺るぎないものだと痛感しています。
そして、糖質を制限して高タンパクな食事を実践するのに、自社の商品「BONIQ」がとても役に立つことも知りました。今後は購入してくださったユーザーさん達に、アドバイザーとして関わって行きたいと思っています。「美味しい食事と健康」を同時に提案できるようになったいま、もっと深くケトジェニックを学び、広めていくことが自分の役目だと確信しております。



日本ファンクショナルダイエット協会
日本ファンクショナルダイエット協会